施工例

塗膜防水工事   横浜 小学校

T小学校・公共工事

施工前
施工前
施工後
施工後

▲ Page Top

施工の流れ

高圧洗浄をして
長年溜まった泥等を洗い流します。
高圧洗浄をして
長年溜まった泥等を洗い流します。
高圧洗浄でもおちないコケや突起物を
サンダー掛けして取り除きます。
※この作業をおろそかにしてはいけません。
高圧洗浄でもおちないコケや突起物を
サンダー掛けして取り除きます。
※この作業をおろそかにしてはいけません。
さらに、樹脂モルタルで下地を平滑にしていきます。
(この現場は下地の状態が悪い為2回塗っています!)
※ここ迄が、防水材を使用する前の工程になります。
さらに、樹脂モルタルで下地を平滑にしていきます。
(この現場は下地の状態が悪い為2回塗っています!)
※ここ迄が、防水材を使用する前の工程になります。
ここから、防水材を使用します。
まず、プライマーを塗ります。
防水材の接着を良くする為です。
ここから、防水材を使用します。
まず、プライマーを塗ります。
防水材の接着を良くする為です。
プライマーが乾燥したら、緩衝シートを張っていきます。
※この工法はウレタン防水の浮き等を防止してくれます。
プライマーが乾燥したら、緩衝シートを張っていきます。
※この工法はウレタン防水の浮き等を防止してくれます。
1層目のウレタンを塗布しています。
(ウレタン塗膜防水は均一に塗る様にする為
熟練した技術が要求されます。)
1層目のウレタンを塗布しています。
(ウレタン塗膜防水は均一に塗る様にする為
熟練した技術が要求されます。)
2層目のウレタンを塗布しています。
※写真では解りにくいかもしれませんが
ここまで来ればもう雨漏りの心配はないですね!
2層目のウレタンを塗布しています。
※写真では解りにくいかもしれませんが
ここまで来ればもう雨漏りの心配はないですね!
1層目のトップコートを塗布しています。
これは、防水材の保護の為に塗ります。
1層目のトップコートを塗布しています。
これは、防水材の保護の為に塗ります。

2層目のトップコートを塗布しています。
※ちなみに、この現場は遮熱トップコートを使用しています。
太陽熱を大幅にカット出来る為、夏場涼しく過ごせて省エネにもなります。
(実際に触ると、まったく熱くありません。普通のトップコートは熱くて触れません)
最近の技術の進歩には驚きます!
2層目のトップコートを塗布しています。
※ちなみに、この現場は遮熱トップコートを使用しています。
太陽熱を大幅にカット出来る為、夏場涼しく過ごせて省エネにもなります。
(実際に触ると、まったく熱くありません。普通のトップコートは熱くて触れません)
最近の技術の進歩には驚きます!